2016年07月05日

KDさんがOKCを去りGSWへ

ケビン・デュラント オクラホマシティ・サンダーからゴールデンステイト・ウォリアーズへ移籍 いいじゃないか にんげんだもの みつを

ケビン・デュラント


My Next Chapter
Jul 4 2016

via The Players' Tribune


This has been by far the most challenging few weeks in my professional life. I understood cognitively that I was facing a crossroads in my evolution as a player and as a man, and that it came with exceptionally difficult choices. What I didn’t truly understand, however, was the range of emotions I would feel during this process.

The primary mandate I had for myself in making this decision was to have it based on the potential for my growth as a player — as that has always steered me in the right direction. But I am also at a point in my life where it is of equal importance to find an opportunity that encourages my evolution as a man: moving out of my comfort zone to a new city and community which offers the greatest potential for my contribution and personal growth. With this in mind, I have decided that I am going to join the Golden State Warriors.

I’m from Washington, D.C. originally, but Oklahoma City truly raised me. It taught me so much about family as well as what it means to be a man. There are no words to express what the organization and the community mean to me, and what they will represent in my life and in my heart forever. The memories and friendships are something that go far beyond the game. Those invaluable relationships are what made this deliberation so challenging.

It really pains me to know that I will disappoint so many people with this choice, but I believe I am doing what I feel is the right thing at this point in my life and my playing career.

I will miss Oklahoma City, and the role I have had in building this remarkable team. I will forever cherish the relationships within the organization — the friends and teammates that I went to war with on the court for nine years, and all the fans and people of the community. They have always had my back unconditionally, and I cannot be more grateful for what they have meant to my family and to me.

Kevin Durant / Deputy Publisher
Kevin Durant

おもろいな
彼なら
何処へ行っても
おもろいよな

そんな人に
なりたいな
なれるものなら
なってみせろよ
・・・・だな 笑

おッはようございます
今日もfunkyな一日を


※追記 NBA Japan にて日本語訳が載ってました

プロ生活において最も大変な数週間だった。選手として、男として、成長するうえでの岐路に立っていたことは分かっていた。非常に難しい選択だった。だが、この間に自分がこれほど感情的に揺れるとは思っていなかった。

この決断を下すうえでまず大事にしたのは、選手として成長できる可能性に基づいた決断をするということだった。それが常に自分を正しい方向に導いてくれたからだ。でも、僕は人生において、男として成長する機会を見つけることも等しく重要な時期にある。居心地の良い場所から、個人的な成長と貢献が実現できる大きな可能性をもたらしてくれる新たな街やコミュニティに移るということだ。それを考慮して、僕はゴールデンステイト・ウォリアーズに加わることを決めた。

僕はもともとワシンントンDC出身だけど、オクラホマシティは本当に僕を成長させてくれた。男になるのはどういうことか、家族とはどういうものかをたくさん教えてくれた。この組織とコミュニティが自分にとってどれほどの意味があるか、永遠に僕の心の中と人生において何を意味するのか、正確に言い表せる言葉はない。思い出や友情はゲームを上回るものだ。そんなかけがえのない関係から、とても難しい決断だった。

この選択で大勢の人を落胆させるというのは、本当につらい。でも僕は、人生とキャリアにおけるこのタイミングで自分が正しいことをしていると信じている。

オクラホマシティのことや、この素晴らしいチームをつくるうえで自分が担ってきた役割を恋しく思うようになるだろう。友人たちや9年にわたってコートで戦ってきたチームメイト、すべてのファンやこのコミュニティの人たち、それらの関係をずっと大切に思っていく。彼らは常に僕を無条件に支えてくれた。自分と家族にとって彼らが意味することに、感謝の気持ちしかない。

via NBA Japan


にほんブログ村 ファッショ<ンブログ セレクトショップへ
人気ショップランキング バイヤーズショップ

にほんブログ村 ファッションブログへ
ポチッとワンクリックで 応援よろしくお願いします 赤司 黒子 ありがとうございます

posted by Team Zion at 05:35| NBA / WNBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015.04.23-Banner.gif
Carpe Diem